廊下

作業療法士になるための過程

具体的に作業療法士になるための種々ある学校のカリキュラムについて違いも把握しておきましょう。 まず、方法の一つとして高校卒業後に文部科学大臣または厚生労働大臣指定の養育施設で3年以上必要な知識と技能を獲得するという方法で、国家試験の受験資格を身に着けるというものがあります。 指定の養成施設とは、短大や専門学校などのことです。

学校によってどのようなカリキュラムが組まれるのかは異なりますので、通いやすい学校をいくつか絞ったならその授業内容も可能な限り調べてみるとよいでしょう。 また、大学に入学し、作業療法士養成課程で4年間学ぶという方法もあります。 さらに、外国でふさわしい学校を卒業していたり、免許を取得していたりする場合、厚生労働大臣の認定を受けることも可能です。 こうしたいずれかの条件を満たしたうえで、国家試験を受けて作業療法士を目指すことになります。

学ぶ内容としては、基礎科目、専門基礎科目、専門科目、臨地実習といったカテゴリーに分けられており、習熟度合いに合わせてその学ぶ内容も異なります。 卒業後は、さまざまな病院や施設での就職先がたくさんあり、就職には困らない職業の一つといえるでしょう。 作業療法士は今後ますます活躍が期待されているのです。