廊下

作業療法士への道

今後ますますあらゆる分野で活躍が期待される作業療法士にはどのようにしてなることができるのでしょうか。 作業療法士として活躍するにはまずは作業療法士の国家試験に合格しなければなりません。 また、この国家資格を受けるにはまずは受験資格を身に着ける必要があります。 受験資格を得るためには作業療法士の養成課程のある大学や短大、専門学校などで3年以上学ぶことが求められます。 そこで所定の課程を修了して初めて国家資格の受験資格を得ることができるのです。

作業療法士の養成課程を設けている学校は数多くありますので、どのような学校を選ぶかも非常に重要となります。 学校によって在学期間や校風、授業内容、学費などが異なってきますし、 実際にどれだけ多くの卒業生が作業療法士として合格しているのかなどの実績も考慮した方が良いでしょう。 国家試験は基本的には筆記試験の実となっています。 合格率としては80%ほどのラインを維持しているので決して狭き門というほど難関では無いかもしれませんが、 徐々に難易度が上がっている傾向もあり、今後は合格率も徐々に少なくなっていくということも考えられます。

専門的な問題も増加していますので、基本的な知識以上に多くの知識が当初から求められる専門職といえるでしょう。 とはいえ、合格率がそれほど低くないということは計画的に勉強をしていけば、合格は消して夢ではありません。 作業療法士としてのスタートは実際に働いてからとはいえ、まずはスタートラインに立つための国家試験をクリアできるよう努力が求められます。 そこで、作業療法に合格するためのポイントをご紹介します。



◆外部リンクサイト
作業療法士の専門学校です。歴史ある専門学校ですので、参考になるかもしれません > 作業療法士